ロービジョン対応
文字サイズ: 標準 拡大
色反転: 黒反転 赤反転 青反転
社会福祉協議会

HOME | 社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

 社会福祉協議会は社会福祉法の第109条に基づいて「地域福祉の推進を図ることを目的とする」民間の社会福祉団体です。
 地域住民の方や福祉、保健、医療の関係者、ボランティア、行政機関の協力をいただき、「福祉のまちづくり」を目指して「自主性」・「公共性」・「公益性」を活かしながら地域福祉の推進に取り組んでいます。
  

概 要

 社会福祉協議会(略して「社協(しゃきょう)」といいます)は、社会福祉法の第109条に基づき「地域福祉の推進を図ること」を目的とし、地域の皆さまや福祉・保健・医療の関係者やボランティアなどの方々の協力を得て、行政機関とも連携・協働しながら、「福祉のまち」の実現を目指して活動を展開している民間の社会福祉団体です。瑞穂区社会福祉協議会(区社協)は昭和26年4月に設立され、当初は、社会福祉団体・関係者等の代表者などを構成員としてスタートしました。昭和50年代後半からは福祉風土づくりに取り組むとともに、人口の高齢化など社会情勢の変化に伴い平成2年からは在宅福祉サービスの事業体としても事業展開をしてきました。
 平成6年4月には、「社会福祉法人格」を取得し、平成12年4月には、在宅サービスの提供と地域福祉活動の推進拠点として、「瑞穂区在宅サービスセンター」を設置しました。
 平成16年度の「瑞穂区社会福祉協議会地域福祉活動計画」策定以降、平成21年度に第2次地域福祉活動計画、平成26年度に第3次地域福祉活動計画を公表し、地域の幅広いネットワークづくりや地域の皆さまなどが取り組む自主的な活動と必要な福祉資源の確保などに計画的に取り組んでいます。
 平成18年度からは、区内2ヶ所の「いきいき支援センター」を名古屋市から受託し、(平成22年度より市社協事業)高齢者の在宅生活への包括的な支援を行っています。なお、平成24年7月から東部いきいき支援センター分室を開設しました。
 平成23年度からは、「名古屋市シルバーパワーを活用した地域力再生事業」を3学区(御剱・高田・穂波)において実施し、団塊の世代や元気高齢者の地域福祉活動への参加促進を進めています。また、児童館・福祉会館の管理・運営を平成24年度から27年度まで名古屋市から受託しています。 
 

組 織

 

事 業

地域福祉の推進を図るため、主に次のような事業を行っています。
 

(1)社会福祉の広報・啓発

 地域における社会福祉の振興のために必要な調査・研究や、広報・啓発を行っています。

 ①広報紙の発行(みずほっと)

 ②ホームページによる広報・啓発 (http://www.mizuho-shakyo.jp/)

(2) 地域福祉推進協議会(推進協)事業の推進

 小学校区を単位として、地域住民が主体的に行っている「地域福祉推進協議会活動」の推進を行っています。

 

<地域福祉推進協議会(推進協)とは>

  地域の皆さまが主役となって地域の福祉をすすめるための団体で、各種関係団体の参加のもと各学区に設置されています。

【主な活動】 ふれあい給食会・茶話会・ふれあいネットワーク活動・地域支え合いマップづくり・高齢者と子どもの交流会 など

 

(3) ふれあい給食サービス事業への支援

 ひとり暮らし高齢者などを対象に、月1回程度会食形式でボランティアの手作りなどによる食事を提供する「ふれあい給食サービス事業」の支援を行っています。

(4) ふれあい・いきいきサロン活動などの推進及び実施団体への支援

 地域で孤立しがちな「高齢者」「子育て中の親」「障がい者」などが気軽に集まり、楽しく過ごすふれあい・いきいきサロンの、開設及び運営についての支援を行っています。

 

(5) 地域力の再生による生活支援推進事業(旧シルバーパワーを活用した地域力再生事業)

 地域住民の多世代の地域福祉活動への参加促進や、地域での課題解決力向上を図るため3学区において実施しています。(市からの受託【市社協との協定】事業)

(6) ボランティア活動の振興(瑞穂区社協ボランティアセンター)

ボランティアセンターを設置し、地域福祉活動への住民 参加の拡大を図っています。大規模災害時には災害ボランティアセンターを運営します。

(7) 高齢者はつらつ長寿推進事業

 地域ぐるみの介護予防事業として、「コスモス」の愛称で、地域・ボランティアの 協力を得ながら8会場において実施しています。(市からの受託事業)

(8) 福祉関係団体などへの事業助成

 社会福祉活動の振興を図るため、福祉関係団体、ボランティア団体や、福祉活動を行っている地域住民団体などが行う事業へ助成しています。

(9) 生活福祉資金の貸付

 離職などによる低所得世帯、障がい者世帯、高齢者世帯などへ必要な生活資金を貸し付けることにより、生活の自立を支援します。

 

(10)通所介護事業(瑞穂区デイサービスセンター)

 介護保険事業者として、高齢者デイサービス事業を実施しています。

 

(11)瑞穂区在宅サービスセンターの管理・運営

 保健・医療・福祉の連携拠点として、ボランティア団体などに対して、研修室などの貸し出しを行っています。

 

(12)共同募金運動への協力(瑞穂区共同募金委員会の事務局を担当)

 赤い羽根共同募金運動(10月~12月末)及び歳末たすけあい募金運動(12月)の実施に協力しています。

 

(13) いきいき支援センター事業への協力

 平成18年に改正された介護保険制度において、地域における総合相談、介護予防マネジメントなどを担ういきいき(地域包括)支援センターを、区内2ヶ所において実施し、高齢者の在宅生活に必要な援助、支援を行っています。平成24年7月から東部分室を開設しています。(市からの受託事業・市社協事業)また、専任で配置された見守り支援員などが、地域から孤立した状態であることが疑われる高齢者に対して、個別訪問などを通じて介護サービスの利用や地域支援ネットワークづくりを進めています。さらに、平成26年度には「瑞穂区地域包括ケア推進計画」を公表し、瑞穂区における地域包括ケアシステムの構築をめざし、区社協の地域福祉活動計画と一体的な取組み行います。

 

(14)介護保険事業への協力(瑞穂区介護保険事業所)

 名古屋市社会福祉協議会の事業所として、居宅介護支援事業と訪問介護事業(なごやかヘルプ事業)を実施しています。(市社協事業)